2017年3月6日月曜日

Lenovo ZUK Edge 開封 & ファーストインプレッション編

ZUK Edgeがついに到着
ZUK Edge 外箱
待ちに待ったZUK Edgeが到着
しっかりと描かれたZUK Edgeの文字
Mi5Sの時みたいにProとかじゃなくて一安心
箱が少しつぶれてるのはご愛敬と言ったところ


早速開封して中身を確認
ZUK Edge 開封

ZUK Edge アップ

おおお、かっこいい・・・
白と金色がいい感じ


内容物は以下の通り

 本体、TPUケース、充電器、USBケーブル、SIMトレーピン、説明書、中華ストア500ポイント分カード

基本的なセットですね
ポイントカードは使う機会はないでしょう


正面から確認
ベゼルレスだけあって幅は狭い
ZUK Edge 正面

指紋センサーはMi5Sと同じく超音波式
Mi5Sだとイマイチ認識しづらかったのであまりいい印象無いけどEdgeは結構いい
詳細確認するとき比較テストしたい
ZUK Edge ホームボタン


裏側はカメラ関係のみでZUKのロゴもシンプル
ZUK Edge 裏側
電源・音量ボタン
ZUK Edge 側面


カメラ部分
ZUK Edge カメラ部

ZUK Edge カメラ出っ張り





ZUK Edge ケース装着時

出っ張りが少し気になる感じだけど付属ケースつけるといくらか出っ張りが目立たなくなる

USBはType-Cで3.1、イヤホンジャック、スピーカは下側に配置
スピーカーの音質は可もなく不可もなく普通といったところ
ZUK Edge 端子部


ガラスは流行りの2.5Dガラス仕様
ガラスフィルム派にとってはこのカーブが忌々しいかもしれないがやはり見た目はいい
ZUK Edge 2.5Dガラス

SIMトレーは今では当たり前のNano SIM+Nano SIMのデュアルSIM使用
MicroSDは刺せません
ZUK Edge SIMトレー

電源ONした時のエッジ部分
ベゼルの内側にやはり若干黒い縁がある
ZUK Edge ベゼル

Mi MIXと大きさとベゼル比較
ZUK EdgeとMi MIX比較

さすがにMi MIXはデカい
ベゼルの太さはいい勝負
ZUK EdgeとMi MIXのベゼル比較

同じ5.5インチのOneplus3と比較
ZUK EdgeとOneplus3比較

次は5インチのRedmi 3Sとの比較
ZUK EdgeとRedmi 3S比較

5インチより一回りデカいくらいなので大分コンパクト
縦が短いので持った時かなり小さく感じる

画面はIPSのフルHD液晶搭載でとても綺麗
ZUK Edge 液晶

プリンストールアプリは中華ROMなのでQQやらWeiboが入っている
当然Google関係アプリは無いので中華アプリストアからGooglePlayをインストールしてやる必要あり
ZUK Edgeホーム画面

ロケールも当然日本語は無し
ZUK Edgeロケール選択

Antutuベンチの結果は14万弱
ZUK Edge Antutuスコア
Snapdragon821の割には低いけどROM的にこんなもんだと思う
※何回かしたら14.5万まで上昇


まずはここまで

全体的な印象としてはコンパクトにまとまってて好印象
まだ公式グローバルROMやカスタムROMがほぼ無いのでこれからに期待

一番よかったのは無事届いたこと。。。。
前回2ヶ月掛かったので今回は覚悟して注文したけど結果的に3週間強で到着して
拍子抜けした感がある
Joybuyも最盛期でなければ普通に届くのかもね


前回までの記事



Lenovo ZUK Edge 復習編

ZUK edgeの到着前にスペックやカスタムROMについて復習


Lenovo ZUK Edge 輸送編

前回Mi5S(結果的にPlus)を購入した時は届くまで2ヶ月掛かったJoybuyだったが今回は・・・・




0 件のコメント:

コメントを投稿